ハワイ レンタカー&ドライブガイド  
トップページ ハワイのレンタカーの基礎知識 ハワイでの運転 ハワイの地図 ナビゲーション ハワイのドライブコース ハワイの行き先ガイド ハワイのレンタカー予約
 

ハワイでの運転
・レンタカー運転前のチェック
・ハワイの交通ルール
・ハワイの道路標識
・ハワイのレンタカードライブで注意すること
・レンタカーへのガソリンの入れ方
・ハワイの駐車場と駐車方法
・ハワイのフリーウェイの走り方
・レンタカー走行禁止地域
・トラブルへの対処方法



ダラーレンタカー
ダラーレンタカー

バジェットレンタカー
バジェットレンタカー

アラモレンタカー
アラモレンタカー

ハーツレンタカー
ハーツレンタカー



トップページハワイでの運転フリーウェイの走り方

ハワイのフリーウェイの走り方




ハワイのフリーウェイ

 フリーウェイは日本の高速道路に相当する道路で、ハワイではオアフ島に H1フリーウェイ、H2フリーウェイ、H3フリーウェイ、モアナルア・フリーウェイの4路線があります。日本では高速道路のことをハイウェイとも呼びますが、ハワイのハイウェイは幹線道路(パリ・ハイウェイ、リケリケ・ハイウェイ、カラニアナオレ・ハイウェイなど)となります。H1、H2、H3のフリーウェイは米国の州間高速道路(インターステート・ハイウェイ)と同じ格付けで、ハワイ州を表す「H」と番号が付いているものです。

路線と経路

H1 フリーウェイ オアフ島を東西に走るフリーウェイ。オアフ島南西部のカポレイを起点に、ワイケレ、パールシティ、ホノルル空港、ダウンタウン北側、ワイキキ北側を経由してカハラまでの約27マイル。日本人旅行者の利用頻度が最も高いフリーウェイ。
H2 フリーウェイ ワイケレ近くでH1から分岐し、ミリラニを経由してオアフ島北側に延びるフリーウェイ。総延長は約8マイル、終点のワヒアワでカメハメハ・ハイウェイと合流。ハレイワやサンセットビーチなどノースショア方面へのドライブで利用。
H3 フリーウェイ アロハスタジアム周辺でH1から分岐し、コオラウ山脈を越えてカネオヘに向かうフリーウェイ。パールハーバー(真珠湾)周辺の米軍軍事施設とカネオヘの米軍基地をダイレクトに結ぶ目的で建設されたもので、旅行者の利用頻度は高くない。
モアナルア・フリーウェイ H1のバイパス的役割を果たすフリーウェイで、カリヒ付近でH1と分かれ、アイエア付近で再びH1と合流している。コオリナやワイケレ、H2方面に行くときにホノルル空港を経由するH1よりショートカットできる。

通行料金

ハワイのフリーウェイは通行料金は無料です。自動車専用道路ですので自転車や歩行者は通行できません。


制限速度

フリーウェイの最高速度は特別な表示がなければ時速55マイル(時速88km)です。スピードガンやレーダーを使った取り締まりが頻繁に行われています。フリーウェイでは交通の流れをスムーズにするために最低速度(時速45マイル)が設定されている所もあります。「MINIMUM SPEED 45」の標識に注意しましょう。

最低速度にも注意
 
ダウンタウン周辺は交通量が多い
 
出口の番号は起点からのマイル


車線

エリアによって車線数は異なります。少ない所でも片側2車線、多い所では片側6車線あります。


入口ランプと出口ランプ

日本の高速道路のインターチェンジのように、すべての出入口が両方向とは限りません。首都高速や阪神高速のように片方向だけの入口や出口が多数あります。出口には番号が付いていますが、この番号は起点からのマイル数を表し、1から順番に並んでいるわけではありません。また同じマイル数で出口が複数ある場合、8A、8Bのようにアルファベットで区別されています。


渋滞

多くの人々が通勤に自動車を利用するハワイでは、通勤時間帯にしばしば渋滞が発生します。もっとも渋滞が多いのがH1フリーウェイのダウンタウン周辺からワイキキ北側で平日の午前7時頃〜午前9時頃、ダウンタウンエリアを先頭に西行きはユニバーシティ方面まで、東行きは空港、アイエア方面まで渋滞が延びます。午後は4時頃から交通量が多くなります。帰国日の朝に空港に向かう場合など、渋滞の時間帯と重なる場合は、余裕を持って早めに出発しましょう。


フリーウェイでの運転

フリーウェイの乗り方

 フリーウェイを走る場合は、事前にどこの入口から乗ってどこの出口で降りるかという走行プランを立てておきます。その上で、出発地から入口までの道順、出口から目的地までの道順を地図で調べておきます。フリーウェイの入口近くには、進行方向と入口を案内する標識がありますので、それに従って行くと自然にフリーウェイに入ることができます。

H1西行きはここを左折
 
H3西行きはここから入る
 
右側2車線がフリーウェイに


合流と車線変更

 入口から本線への合流部分では、本線を走行してくる車に注意しながら進路変更し、すみやかに交通の流れに乗るようにします。スピードの出し過ぎも危険ですが、不安だからといってあまりにも低速で走るのも危険です。本線では中央分離帯側(運転席側)が追い越し車線になります。前の車を追い越す場合は、左側の車線から追い越します。他のフリーウェイやハイウェイと合流するインターセクションでは、右側からだけでなく左側から合流がある場合や複数の車線が合流してくる場合もあります。これらの区間では車線変更が頻繁ですので、自分の行きたい方向の車線を早めにキープし、周囲の車の動きに注意しながら走行しましょう。

合流は本線をよく見て
 
車線変更は慎重に
 
早めに出口車線へ移動

フリーウェイの降り方

 出口の標識は約2マイル前から設置されています。自分が降りる出口が近づいたら早めに右側に車線変更しておき、出口番号を確認して減速しながら出口車線に入ります。H1では降りるとすぐに山側に進む車線と海側に進む車線に分かれていることが多いので、どちらに進むか慌てないように覚えておきます。出口を出たらフリーウェイではありませんので、スピードの出し過ぎには注意しましょう。

出口10まで1/2マイル
 
出た後の行き先で車線が異なる
 
出口車線は減速して

フリーウェイの標識

 フリーウェイの標識は、出入口の案内表示、目的地までの距離、走行車線の案内表示が中心で、日本の高速道路のものに似ています。わかりやすいものですが、高速で走行しながら英語の標識を読むのは慣れるまでは大変です。事前に確認して覚えておくと良いでしょう。

車線の案内
 
出口の案内
 
目的地までの数字はマイル表示

ホブレーン/カープールレーン

 フリーウェイの一部の区間では、通勤時間帯にいちばんセンターライン側の車線がホブレーン(HOV LANE)またはカープールレーン(CAR POOL LANE)となって、複数名が乗車している車でないと走行できなくなります。場所によって2名以上乗車であったり3名以上乗車であったりします。中央分離帯側にダイヤマークの標識があるのが目印で、該当する時間と人数が記されています。違反すると罰金です。ちなみにこのシステムは、渋滞緩和と環境(CO2)対策のために行われています。

中央分離帯側に標識が
 
平日5:30-8:00と15:30-18:00
 
バスと2人以上乗車の車のみ




 


 
 
Copyright© 2008-2014ハワイ レンタカー&ドライブガイド drive-hawaii.com  All Rights Reserved